PARADISE BANKOK in Osaka

2011-02-12(Sat)
PARADISE BANKOK in Osaka/STEREO
open 22:00 adm:2000yen

SELECTOR:
MAFT SAI(ZudRangMa Records/PARADISE BANKOK from THAILAND)
CHRIS MENIST (PARADISE BANKOK from THAILAND)

ALTZ (ALTZMUSICA)
PIRATE CHOICE (DRUM & BASS RECORDS/ROCK A SHAKA)
MONGOOSE (NEWTONE RECORDS)

LIVE:
ROJO REGALO
デグルチーニ & ザ ソイ カウボーイズ

【Chris Menist】http://originalpress365.wordpress.com/
クリス・メニストはロンドン出身でバンコク在住のDJ/ライター/ミュージシャン。当地タイのDJマフト・サイの良き理解者またパートナーとして2008年よりイベント「Paradise Bangkok」を主宰する。レコード集めて25年の彼は、コレクター間では名の知られたコントリビューターとして、ソウルジャズ、ニューフォニックやストラットといったレーベルをサポート。近年はファインダーズ・キーパーズ、そしてなんといってもサウンドウェイの『サウンド・オブ・サイアム(シーアムまたはシャム)』の素晴らしい仕事から一気にタイ音楽、特にルークトゥンとモーラムの権威としても名を広めることとなった。彼はタイ音楽をはじめ、アフリカン、ファンクそしてレゲエと造詣が深く、「Paradise Bangkok」のプレイはそれら音楽のミックスとなっている。音楽への忠誠ともいうべき彼の広い見識とレコード愛から生まれる選曲をじっくり堪能したい。

【Maft Sai】http://www.zudrangmarecords.com/
マフト・サイは、タイ人のアイデンティティーをもって、忘れ去られる道にあった古きタイ音楽の世界的評価と再興を促した若き立役者だ。2000年代半ばに ロンドンに留学し、DJイベントを主宰しながらリベラルな音楽感覚を身につけた彼は、タイ帰国後、同世代の若者にすれば何の魅力もない過去のタイ音楽の素晴らしさを「発見」。レコードをかき集めそれらの音源をロンドン滞在で培ったセンスで選曲し、当世風に「タイのファンク」と括ったコンピCDを自らのレーベル、 ZudRangMa Recordsからリリース。タイでは全く売れなかったこのCDだが、日本を含め海外のDJ、音楽愛好家の間で評判となり、「タイにマフトあり」と一躍名前が 広まった。同じころクリス・メニストと出会い、タイ音楽の深い理解者である彼と組んでイベント「Paradise Bangkok」を主宰。昨年、タイでは数少ない“レコード”店(理由:長年カセットが主流だったから)ZudRangMa HQをオープンし今や時の人だ。同じタイ人の若者が自国の音楽を再評価できるよう尽力したいという熱い夢をもつ男。クリス・メニストと共にジャマイカン・ ミュージックも愛するナイスガイだ。

【デグルチーニ アンド ザ ソイ カウボーイズ】
2009年末、輸出用に組まれたトリオ
二週間のバンコクツアーではアートとコンテンポラリーダンス等のコラボレート等、インプロビゼーションでも120%を弾き出す奇跡のメンバー ギターに1★狂のナオサン ドラムは元バスヘイトのアキラ 歌とギターとキーボードにデグルチーニ隙間だらけのアンサンブルにボャ{モセみ声が巷のデカダンスを語る 百聞は一見に如かず 説明書はない

【ROJO REGALO】
2006年、大阪にてpico中島(aka. copa salvo)が中心となり結成するONE LOVE, UNITY ジャンルやシーンなどを混血することで新しい音楽が生まれる
長年つちかってきた愛する中南米音楽を日本人のアイディンティティ≠ニ融合させ そこにこのバンドの生き様の原動力となる真の愛の力と反社会的メッセージをのせた「大阪南米フューチャーミクスチャーダンスアンドレベルミュージック」を完成させるアフロキューバン、クンビア、レゲエ、ヒップホップ、パンク、J-POP、まさに未来系の混血音楽ロホレガロ。革命的な楽曲に荻野恭子の太くパワフルでかつ哀愁のある歌声
今、もっとも日本に足りていない音楽の一つである。活動は海外へも積極的に出向きEU、アジアツアーをこなすなど世界標準な音を発信させている。
これまでに、Down Beat Ruler, FIGHT FOR RIGHT, RAGGA CHANNEL,ロホレガロ主催CHOCOLATEなどのイベントに参加。Down Beat Ruler Vol,3 コンピアルバム参加。
http://www.myspace.com/rojoregalorojoregalo

Club STEREO
Namba Pier6026, 2-11-1 Nambanaka Naniwa-ku Osaka Japan (難波ロケッツ南側、ゴルフショップ北向い。旧SAOMAI)
http://www.drumandbass-rec.com/blog/club-stereo/

    This entry was posted in Information, Information English, Live etc. Information. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

    Post a Comment

    Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

    *
    *

    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    CAPTCHA