ビーガン/ベジタリアンにも愛飲者が多いと思われる、マルサン有機豆乳の工場で使われている水の放射能対策と、実際に放射性物質が検出されているか問い合わせてみた。

ビーガン/ベジタリアンにも愛飲者が多いと思われる、マルサン有機豆乳の工場で使われている水の放射能対策と、実際に放射性物質が検出されているか問い合わせてみた。

群馬県と愛知県の工場では、検査機関に検査を月一度外注しているそうですが、セシウム137/134、放射性ヨウ素131、共に定量下限値10Bq /kg。
ただNDではないとの事で、豆乳に使われている水に放射性物質が検出されているそうです。
熊本工場は、放射能の危険性が無いと判断して検査は行っていない模様。

工場で使用されている水
本社工場;岡崎市役所水道局浄水課北部施設の上水道(特別な処理なし)
関東工場;工場敷地内井戸水(地下60m)をろ過ジャリ及び、ろ過砂とアンスラサイトの複合ろ過後、塩素処理。
熊本工場; 工場敷地内の井戸水(地下80m)をイオン交換活性炭処理。

賞味期限の下に刻印されている生産工場の記号
本社工場(製造所固有記号なし)愛知県岡崎市仁木町
関東工場(製造所固有記号;MK)群馬県利根郡みなかみ町
熊本工場(製造所固有記号;M57)熊本県熊本市小山町

何処で熊本県産の豆乳を購入出来るのかと質問したのですが、メーカーでも把握していないとの事でした。マルサンの熊本県産の物を購入したい場合は、店頭か通販業者に実際に確認と取ってから購入するしかありません。

ウチは普段通販で購入してましたが、送られて来ていた物は全て群馬県産でした。

他社の九州産豆乳という選択肢もあります。
http://www.kyusyu-nyugyo.co.jp/product/index.php?action=story&subcat_id=5&story_id=54
http://www.fukuren.co.jp/products/prolineup.aspx

    This entry was posted in Column, 授乳室. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.