T.R. Mahalingam/Portrait Of A Prodigy

遂に4月21日リリース!!!!! 

エム・レコードと京都メディテーションズの(約2年越し)コラボ・リリース第二弾!!!!!!!
インドの魔法の笛吹き、T.R. マハリンガムの続編で、今回はほとんど誰も聴いたことのない1940年代~50年代のSP盤音源集。カルナーティック音楽ファンはもちろん音楽探求型リスナーが待ち望む「超」の付く貴重音源だが内容も尋常ではない!!!!!!!

この音源集、「His Early Years」と謳っているため円熟期を迎える前のものと思われそうだがこれが大間違い。これこそまぎれもなく“マリ”の創作ピーク時に吹き込まれた演奏なのだ。この魔法の笛吹きは7歳で初舞台に立ち、幼くしてプロの演奏家となった南インド伝説の神童であり、数々の革新・改革をして横笛音楽そのものを変え、インドにおける横笛の音楽上の地位を引き上げた。また、自分の基準に満たないといって吹き込んだ録音の破棄を命じるような音楽家であった。

マリは1960年代初頭からおよそ10年あまり表舞台から消え、その後も何度も引き蘢り、生涯を通じた“奇癖”もからまって(これら事象は解説を参照)、後年では録音はもとよりも公演すら稀になった(彼が望めばラヴィ・シャンカールのように成功したかもしれないのだが)。したがって、怪しげなライブ録音ではない正式なレコード用吹き込み音源は千金の価値がある。しかもこの音源集、自らが“意欲的”で、バイオリンのT. チャウディアやムリダンガムのパルガット・マニ・アイヤーといった最高の伴奏者にも恵まれた時代のものなのだ。以後の演奏はこの時代に確立したものの延長にあると言ってよい。歿後に多くのライブ音源がリリースされているのも、生前の極端な録音・公演回数の少なさによる。皆もっとマリを聴きたいのだ。

弱点(?)をいえば、SP盤ゆえ収録分数に制限があり、ラーガ特有の長大な演奏が難しかった点にある。しかし物は考えよう。制限を逆手に取ったような手頃なフォーク・ソングとラーガを演奏しており、そこに込めた潔さには長大な演奏では得られない美意識と滋味がある。繰り返し聴くことで味わいを増す演奏集であり、愛すべきアルバムになること請け合いだ。
なお、これだけの大音楽家にも関わらず彼の素性はインドの外で殆ど知られていない。おかげで余計に彼の像が歪曲されてしまっている感があるが、今回はこのミステリアスな音楽家の生涯と音楽の核心について言及した解説(本邦初??)を掲載する。(なお、ジャケット画はインド在住の画家、Jyoti Naoki Eri氏に特注した逸品。南インド/カルナーティックの世界観が溢れる霊的作品!)

■曲目■

1. Ninuvina pt. 1
2. Ninuvina pt. 2
3. Evarani
4. Mahudi
5. Enthara pt. 1
6. Enthara pt. 2
7. Paramaathmudu pt. 1
8. Paramaathmudu pt. 2
9. Suki Evaro pt. 1
10. Suki Evaro pt. 2
11. Sarasija Nabha

<CD版>
フォーマット:CD
カタログ番号:EM1099CD (MEDI02CD)
JANコード:4560283210993
アーティスト名:T.R. Mahalingam(T.R. マハリンガム)
タイトル:Portrait Of A Prodigy : His Early Years, 1940s-50s
/ポートレイト・オブ・ア・プロディジー:ヒズ・アーリー・イヤーズ、1940s-50s
定価:¥2300(税抜)
仕様:2面見開き紙ジャケット/解説ライナー封入(日本語・英語掲載)

<LP版>
フォーマット:LP
カタログ番号:EM1099LP (MEDI02LP)
JANコード:4560283219996
アーティスト名:T.R. Mahalingam(T.R. マハリンガム)
タイトル:Portrait Of A Prodigy : His Early Years, 1940s-50s
ポートレイト・オブ・ア・プロディジー:ヒズ・アーリー・イヤーズ、1940s-50s
定価:オープン・プライス
仕様:エンボス印刷/ハンドメイド・エディション/解説ライナー付き(日本語・英語掲載)

The music on this release consists of the earliest recordings by flautist T.R. Mahalingam, a legendary figure in the Carnatic music of South India, one of the world’s great musical traditions. Mahalingam, known as Mali to his legions of fans and admirers, was a musician who revered these traditions yet opened new realms, raising the flute to levels of voice-like expressivity. Available on CD and vinyl LP, Portrait Of A Prodigy : His Early Years, 1940-50s reissues, for the first time, recordings from the mid 1940s to the mid 1950s and show Mali at the peak of his powers, his acclaimed technical skills and rich tone at the service of his immense melodic and rhythmic gifts. The majority of these recordings were originally released in the 78RPM SP format and feature him with two of his greatest musical partners, violinist T. Chowdiah and mridangam master Palghat Mani Iyer. Available for the first time as a commercial release outside of India, Portrait Of A Prodigy is a rare opportunity to hear a genius in his prime. A must-have for all fans of Indian music and for all who appreciate the joys of rhythmic playfulness and melodic mastery.

    This entry was posted in Information, Information English. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

    Post a Comment

    Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

    *
    *

    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    CAPTCHA